ブックタイトルM&B Flora Vol.23

ページ
199/212

このページは M&B Flora Vol.23 の電子ブックに掲載されている199ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

M&B Flora Vol.23

M&B FLORA CATALOG 2019 197オステオスペルマム半耐寒性多年草 P.44~46,P.88栄養系(P.44~46)栽培期間: 鉢上げ?出荷 10?13週生育適温: 昼温15?24℃     夜温7?13℃用  土:pH 5.5?6.21月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷実生系(P.88)発芽適温: 18?20℃ バーミキュライトで軽く覆土する発芽日数: 5?6日栽培期間: 播種?鉢上げ 5週鉢上げ?出荷 10?12週(春)        7?9週(秋)生育適温: 昼温16?21℃夜温10?13℃用  土: pH 5.8?6.2EC 1.5?2.01月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月播種定植出荷ガウラ耐寒性多年草 P.50,P.185栄養系(P.50)栽培期間: 鉢上げ~出荷7~10週(10.5㎝ポット)9~12週(15㎝ポット)生育適温: 昼温 21~24℃夜温 13~15℃用  土: pH 5.5~6.0日長反応: 光量が不足すると徒長や分枝不良となる。長日条件下で生長促進(16時間日長)ピンチ: プラグ苗定植後10~14日に行う。15㎝ポット以上では更に10~14日後に2回目のピンチをする。低温処理: 低温処理により花芽が増え早生となる。低温処理温度:1.7~5℃低温処理期間:6~15週1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷実生系(P.185)発芽適温: 18~20℃ 覆土する発芽日数: 4~5日栽培期間: 播種~鉢上げ 5~6週鉢上げ~出荷 7~9週(開花株)低温管理では11~14週生育適温: 昼温:19~21℃夜温:18~19℃播種時期: 夏~初秋出荷時期: 春~盛夏用  土: pH 6.5以下に保つ、それ以上となると鉄欠乏になりうる。ピンチ: 不要日長反応: 開花には13時間日長の長日条件が適する。低温処理: 不要カーネーション耐寒性多年草 P.16?21ディアママ(P.33)栽培例:9?12月 苗鉢上げ1?2回ピンチ12月中?下旬 仕上げ鉢定植(最低夜温8?10℃)1月中旬 最終ピンチが遅れないように注意する。3月 13℃加温開始。徒長防止のため日中は十分に換気する。4月下旬?5月 出荷生育適温: 10?13℃ 用  土: pH 5.5 EC 0.5(例)赤土4:ピートモス2:堆肥1ピンチ: 開花までに3回程度が理想(年内2回、年明け1回)。最終ピンチは1月中旬までに終了する(5号鉢以上)。生育後半の肥切れ(特にカルシウム)に注意。葉が黄化する。※ その他の品種につきましては、各担当営業までお問い合わせ下さい。ガーベラ半耐寒性多年草 P.89発芽適温: 18?22℃ 軽く覆土する発芽日数:4?7日栽培期間: 播種?鉢上げ 4?5週栽培適温: 19?20℃用  土: pH 5.5?6.0光条件: 十分な照度が必要スタンダード・メガ播種?開花: 13?15週(10?14日で咲き揃う)ガイラルディア耐寒性多年草 P.184発芽適温: 21?24℃ 好光性、覆土不要発芽日数: 10?14日栽培期間: 播種?鉢上げ 5?7週鉢上げ?出荷 12?15週生育適温: 13?18℃日長反応: 14時間以上で花芽形成(長日)用  土: pH 5.5?5.8アンモニア態窒素の過剰を避け、乾燥気味に管理。過湿、低日照は株が弱くなり易い。ガザニア半耐寒性1・2年草 P.90発芽適温: 21?22℃ 軽く覆土する発芽日数: 3?4日栽培期間: 播種?鉢上げ 4~5週鉢上げ?出荷 8?9週生育適温: 昼温 18?20℃夜温 12?16℃用  土: pH 5.8?6.2カリブラコア半耐寒性多年草 P.47?49栄養系(P.47~49)栽培期間: 鉢上げ?出荷夏期 5?6週(10.5㎝ポット)   6?8週(15㎝ポット)     冬期 5?8週(10.5㎝ポット)   6?10週(15㎝ポット)生育適温: 昼温 21?24℃夜温 10?14℃気温が低いと分枝が弱くなり花数が減る。用  土: pH 5.4?5.8日長反応: 長日植物だが秋出荷も可能。短日期は栽培期間を長くする。光量が不足すると徒長しやすく花が少なくなる。肥  料: 多肥気味の管理を好む。ピンチ: 基部からの分枝を良くするには鉢上げ後7?14日後にピンチする。サンバ(P.49)栽培期間:鉢上げ?出荷5?8週(10.5㎝ポット)   6?10週(15㎝ポット)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷カレンジュラ耐寒性1・2年草 P.91発芽適温: 21~22℃ 嫌光性バーミキュライトで覆土する。発芽日数: 5~10日栽培期間: 播種~鉢上げ 5~6週鉢上げ~出荷 8~10週生育適温: 昼温18~20℃夜温11~13℃(最低8℃以上ないと生長しない)播種時期: 夏出荷時期: 初秋~春用  土: pH 5.8~6.5ピンチ: 不要日長反応: 影響なし冬知らず(P.91)生育適温: 10?13℃栽培期間: 鉢上げ?出荷 4?7週 温度が高いと草丈が伸びやすいので冬期は凍らない程度に保温すれば良い。カンナ半耐寒性多年草 P.92発芽適温: 20?25℃ 種子が完全に隠れる程度覆土する発芽日数: 7?10日良く消毒した用土を使用する。やや肥効のある用土を用いると発芽が安定する。種子が大豆程の大きさなので128穴のプラグトレー使用を勧める。栽培期間: 播種?開花 10?11週本葉2枚程度になったら鉢上げする。5~6月出荷:2月播種8~9月出荷:5月上旬播種生育適温: 10?30℃用  土: ピートモスなど有機質に富み、元肥として緩効性肥料の入った通気性と保水性に優れたものが適する。照  度: 早期出荷を行う場合、十分な日照が得られないと軟弱徒長しやすいので、間隔を充分に取り換気する。病虫害: アブラムシ、ヨトウムシ地下部に球根が出来る植物なので子葉が半分程隠れる程度にやや深めに植え付ける。コンパクトに栽培する場合は、ある程度根が回った後で仕上げ鉢に上げる。根が回りすぎると生育障害を起こすので注意する。キキョウ耐寒性多年草 P.185発芽適温: 15?20℃発芽日数: 7?10日栽培期間: 播種?鉢上げ 5週6?9月出荷:1?3月播種鉢上げ?出荷 8?10週生育適温: 昼温20?25℃夜温16℃用  土: pH 5.5?6.0 乾燥させると葉が黄化するので注意する。量的長日植物キンギョソウ半耐寒性1・2年草 P.94発芽適温: 18?24℃発芽日数: 4?8日栽培期間: 播種?鉢上げ 5?6週鉢上げ?出荷 4?6週4?6月出荷:1?3月播種(本葉3?5枚になったら鉢上げ)9?10月出荷:7月上旬播種(高冷地向き)生育適温: 昼温13?22℃夜温10?13℃用  土: pH 5.5?6.2 EC 1.0クフェア非耐寒性多年草 P.92発芽適温: 21~24℃ 発芽日数: 5~10日前後栽培期間: 播種~鉢上げ 3~4週鉢上げ~出荷 7~8週生育適温: 昼温21~24℃夜温16~21℃用  土: pH5.8~6.2病虫害: ハダニ、スリップス、アブラムシ、オンシツコナジラミ灰色かび病耐暑性の高い植物であるが、高温条件下では徒長に注意する。短日処理をしなくても開花するが、12時間以下の日長で1週間~10日早く開花する。※矮化剤についてはご相談下さい。クリサンセマム半耐寒性1・2年草 P.93パルドーサム発芽適温: 15?20℃ 軽く覆土する発芽日数: 5?10日年内出荷: 8?9月播種 本葉3?4枚で鉢上げ。1?5月出荷:10?1月上旬播種生育適温: 5?20℃気温が高くなると徒長しやすくなるので注意する。ムルチコーレ発芽適温: 15~20℃ 軽く覆土する発芽日数: 7日栽培期間:11月中旬播種 3月出荷生育適温: 15~20℃(30℃以上は避ける)9~10.5㎝ポットの1株が標準。冷涼な環境を好む耐寒性一年草。