ブックタイトルM&B_Flora_Vol.22

ページ
199/212

このページは M&B_Flora_Vol.22 の電子ブックに掲載されている199ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

M&B_Flora_Vol.22

M&B FLORA CATALOG 2018 197スクテラリア 非耐寒性1・2年草 P.109発芽適温:21 ~ 24℃ 覆土不要発芽日数:6 ~ 10 日栽培期間:播種~鉢上げ 6 ~ 7 週     鉢上げ~出荷 8 ~ 11 週生育適温:昼温22 ~ 26℃     夜温19 ~ 20℃用  土:pH 5.5 ~ 6.2ピンチ:1 回ピンチを勧める。19℃を下回ると生育が極端に遅くなる。ストック 半耐寒性1・2年草 P.106~107発芽適温: 20 ~ 22℃ 粗めのバーミキュライトで軽く覆土する発芽日数:3 ~ 4 日栽培期間:播種~鉢上げ 4 週     鉢上げ~出荷 4 ~ 7 週生育適温:昼温15 ~ 21℃     夜温10 ~ 13℃用  土:pH 5.8 ~ 6.2ゼラニウム 半耐寒性多年草P.36~37,P.110栄養系(P.36 ~ 37)栽培期間:8 ~ 9 週 (10.5㎝ 1 本)     9 ~ 10 週(15㎝  1 ~ 3 本)生育適温:若苗 21 ~ 24℃(昼・夜温)     成苗 18 ~ 24℃(昼温)        17 ~ 24℃(夜温)用  土: pH 6.0 ~ 6.4 排水の良いもの。用土の酸性化により特に生育後半に葉に障害が起こりやすい。肥  料:アンモニア態窒素を施用しない。定期的にpH テストを行う。潅水は早い時間帯に行い、夕方迄には用土が乾くように注意する。ピンチ:不要。見本鉢など大鉢仕立てにはより分枝を良く、多花にするためソフトピンチを行う。開花は4 週間遅れる。1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷実生系(P.110)発芽適温:21 ~ 24℃ 覆土する発芽日数:7 ~ 10 日栽培期間:播種~鉢上げ 3 ~ 4 週     鉢上げ~出荷 10 ~ 12 週生育適温:15 ~ 18℃用  土:pH 6.0 EC 0.4排水の良い軽いもの1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月播種定植出荷1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月播種定植出荷栄養系 アイビーゼラニウム(P.36 ~ 37)栽培期間:鉢上げ~出荷 8 ~ 10 週(10.5㎝ 1 本)      9 ~ 10 週(15㎝ 1 ~ 2 本)生育適温:昼温18 ~ 24℃     夜温17 ~ 20℃用  土:pH 5.5 ~ 5.9 排水が良くアンモニア態窒素過多にならないように注意。ピンチ:鉢上げ後7 ~ 14 日後に各茎3節残してソフトピンチする。潅  水: 早い時間に行い、葉の浮腫(葉がコルク状になる)を防ぐため夕方迄には用土が乾くように注意する(浮腫は夜中、曇天での多湿下で発生し易い)。極端な高温は生育が遅れ葉の浮腫にもなり易い、また光線量はゼラニウムより少なくて良い(強光下では生育遅れ、葉が硬くなる)。アイビーゼラニウムは鉄、カルシウム欠乏、モリブデンの過剰の障害に注意する(鉄欠はpH 6.0~6. 2になると起こりやすい)。生育後半のpH 、EC 、その他の成分の過不足に注意する。1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月定植出荷セロシア     非耐寒性1・2年草P.38,P.108栄養系(P.38)栽培期間:鉢上げ~出荷7 ~ 10 週生育適温:昼温25℃     夜温18℃夜温が低すぎると徒長の原因となる。夜温を20℃以上に保つことにより矮化効果が得られる。用  土:pH 5.8 ~ 6.2 EC 1.5 ~ 2.0肥  料:カリと窒素が1:2 のバランスの良い肥料をN 濃度1.5 ~2.0 で適宜施す。ピンチ:プラグの段階で3 節目をピンチ。通常1 回で十分であるが、栽培環境、栽培時期、鉢サイズで調整する。日長反応:セロシアは短日植物なので短日処理が必要。11 時間日長6週で開花がより促進される。病害虫:あまり害虫はつかないが、スリップス、アブラムシ用の農薬を予防的に散布するのがお勧め。実生系(P.108)発芽適温:22 ~ 24℃ 覆土不要発芽日数:5 ~ 7 日栽培期間:播種~開花 12 ~ 16 週生育適温:昼温17 ~ 18℃     夜温14℃用  土:pH 5.8 ~ 6.2 EC 0.75日長反応:量的短日植物 日長が13 時間以下になると開花が揃いやすいサマーラベンダー栽培期間:鉢上げ~出荷 6 ~ 10 週(ピンチなし)生育適温:昼温17 ~ 18℃     夜温14℃6 ~ 7 月定植の場合70 日前後で開花する病害虫:ハダニ、イモムシ類(秋に見られる)、育苗時の立ち枯れに注意。ドラキュラ発芽適温:20 ~ 22℃バーミキュライトで軽く覆土発芽日数:2 ~ 4 日前後栽培期間:播種~鉢上げ 3 ~ 4 週鉢上げ~出荷 6 ~ 8 週生育適温:昼温18 ~ 22℃     夜温15 ~ 18℃15cm ポット以上での生産がお勧め。センニチコウ 非耐寒性1・2年草 P.109ファイヤーワークス発芽適温:20 ~ 24℃ 軽く覆土する発芽日数:2 ~ 3 日栽培期間:播種~鉢上げ 5 ~ 6 週     鉢上げ~出荷 8 ~ 9 週生育適温:昼温18 ~ 25℃     夜温17 ~ 19℃用  土:pH 5.5 ~ 6.2 砂壌土(排水が悪い土だと根腐れが多くなる)ラスベガス発芽適温:25℃ 軽く覆土する発芽日数:10 日栽培期間:播種~鉢上げ 5 ~ 6 週     鉢上げ~出荷 5 ~ 6 週生育適温:昼温20 ~ 24℃     夜温15℃(10℃以下は避ける)用  土:pH 5.5 ~ 5.8生育初期に高温を与えると、十分に育たない状態で花芽分化し、分枝数・花数も少なくなる。リン酸が欠乏すると頭状花が小さくなり、頂部に近い葉に黒い小斑点が生じる。カリが少ないと花数が少なく水揚げが悪くなる。